トマト銀行で資産運用

トマト銀行を使った人生設計

多くの場合、人生で最初に口座を開設した金融機関をメインバンクとして使い続けることが多いです。そのため最初にどこで口座を開設するのかがとても重要です。開設のタイミングはバイトを始めたりお年玉を貯めるときなどが一般的で、振込における利便性や使い勝手などを考慮してメガバンクや地元の地方銀行などに口座を作る場合が少なくありません。


トマト銀行では中堅の銀行としてメインバンクの役割を十分に果たせる銀行です。そのためメインバンクとして10代から老後までの利用に堪える商品を取り合わせています。ここではトマト銀行をメインバンクとして使っていく場合の資産運用とそれに伴う人生設計を考えてみます。


案外人生のほとんどを普通預金口座だけで乗り切ってしまうという人が多いのですが、トマト銀行の普通預金の金利は0.02パーセントと全国平均より若干低い水準です。そのためできれば温存しておける預金が貯まったら金利の高い定期預金に移すことをオススメします。とくに最近は将来の年金制度に対する不安感や低賃金などが社会問題となっているので、定期預金で確実に預金を貯めることが将来のためになります。


資産運用をするにあたっては20代から30代にかけてが最も重要な時期です。オススメは結婚などに備えて20代のうちに積立預金などで定期預金用の資金を貯めることです。娯楽や交際費がかさむ年代ですが、この時期に預金を貯めると人生の中盤から先が楽です。30代で結婚出産したとすると預金のいくらかは減ってしまいますが、再び少額でもいいので積立預金をしたりして預金残高を増やすことで、将来投資信託や保険にかける資金を余裕をもって捻出することができるのです。