トマト銀行で資産運用

ももたろう支店をうまく使う

トマト銀行はインターネットバンキングに力を入れている銀行でもあります。昨今はインターネットバンキングの利用が中心という若者も増えているため、各金融機関はこぞってインターネットバンキングサービスを強化していますが、トマト銀行はインターネット専用支店の「ももたろう支店」を設置し、それ以外にもインターネット投信サービス、ももたろう支店とは別の単純なインターネットバンキングサービスをおこなっています。


ももたろう支店は既存の支店に口座を作るのとはまったく違うメリットがあります。おもなメリットはATM利用手数料が通常支店よりも108円安くなる、通常支店よりも早く取引内容が反映される、パソコンや携帯さえあればどこでも口座にアクセスできるなどです。インターネットバンキングと違いが分からないという人もいますが、ももたろう支店はここにしかない独自の商品があるという点で、既存の商品にネットからアクセスするだけの単なるバンキングサービスとは違います。


しかしももたろう支店にもいくつか不便な点はあります。たとえばももたろう支店の商品は今のところ各種定期預金だけなので、色々な商品を組み合わせて運用したい場合には物足りなくなる可能性があります。トマトMOTTOカードも扱っておらず、障害者等の少額貯蓄非課税制度(マル優)も利用できません(リンク:No.1313 障害者等のマル優(非課税貯蓄)|所得税|国税庁 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1313.htm)。もっともインターネット投信サービスなどを使って足りない部分をカバーできるようになっているので、トマト銀行を総合的に使えばデメリットは少ないです。